銀行カードローンの審査

銀行がかなりバッシングを受けています。銀行カードローンの過剰融資がマスコミに取り上げられて大きな社会問題化してきたからです。銀行がどのような言い訳をしようとも、消費者金融が多重債務者問題で徹底的にバッシングを受けたように銀行も同じように徹底的に追求されるべきでしょう。

 

大手の銀行を中心に自主規制の動きが広がっていますが、これは銀行が銀行法の改正を恐れていることが一番の原因になっていると考えられます。銀行のカードローン審査が厳格化される可能性が高くなっています。

 

2010年の貸金業法の完全施行によって総量規制が貸金業者には導入されましたが、どういうわけか銀行法には総量規制が導入されず銀行のカードローンは野放し状態であったことが今回の銀行カードローンの過剰融資をもたらしたといえます。

 

総量規制が万能な制度というわけではありませんが、この結果を見てみれば総量規制が効果を発揮していたことははっきりと分かりましたから、銀行にも総量規制が導入されるべきでしょう。

 

金融機関と言うものは消費者金融などの貸金業者であっても銀行であっても同じ発想をするものであることがこれではっきりと世間に示されたたということでしょうか。